噂をはるかに超えた風俗嬢

別れた彼女が風俗嬢として派遣されてきた

大学生の時にすごくエッチが好きな女性と付き合った。付き合った当初はエッチに積極的じゃなかったし普通な感じの女性だと思っていた。でも、付き合いが長くなっていくにつれて彼女はエッチの快感に浸るようになり、俺だけの精力では彼女を満たせなくなった。俺が何回も射精して勃起しなくなっても彼女は嬉しそうに肉棒をしゃぶってきて、さらにおねだりされてきたけどさすがに限界だった。そのため、俺は彼女と別れたんだけどあの時のことを考えると自分がもっとエッチが上手かったらなと後悔するときがあった。そこで、デリヘルでも頼んで少しずつエッチを勉強しようと思い風俗嬢を家に呼んだ。デリヘルの受付からは同じぐらいの年齢の風俗嬢を派遣させると言っていたんだけど、家に来た風俗嬢がなぜかあの別れた彼女だった。なぜ彼女が風俗嬢になっているのか理解できなかったけど、彼女は適当に笑いながらご奉仕プレイをしてくれた。すごく気持ちよかったとはいえ何となく複雑な気分になったわ。